愛すべき本たちの、読書記録。
| main | 「日本語ぽこりぽこり」 アーサー・ビナード >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
白夜行
JUGEMテーマ:読書


「いやぁ・・・すごい・・・ すごい本に出会ってしまった・・・」

というのが、読み終わった時の素直な感想。


買った当初は、あまりの太さと字の細かさにひいてしまって、
長年、本棚で眠っていたこの本。

でも、いったん読み始めたらやめられなくて、結局、徹夜・・・。

しかし、それでもやめられなくて、次の日の授業もさぼってまで、

読み続けた・・・

私にとって、忘れられない1冊。


+++
物語の発端は、1973年。
大阪で、質屋の経営者が殺された。

容疑者は何人もあがったけれど、結局は迷宮入りに。

しかし、刑事笹垣が、この事件に不思議なきな臭さを感じ、真実を追求し始める。

それが、笹垣の、そして亮司と雪穂の、長い物語の始まりだった・・・

+++

太陽の下に出られないような人生を生きることになってしまった人たち。
でも、それだからこそ、生きていける人たち。

切なすぎる愛の形。
でも、どうにもならないもどかしさと悲しさ。

「白夜行」というタイトルにも脱帽です。

ドラマ化もされ、一気に有名になったこの本だけど、
原作にまさるものなし!

とにもかくにも、とりあえず読んでみるべし!!

| 東野 圭吾 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 23:10 | - | - |
COMMENT
COMMENT FORM









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
CATEGORY
CLICK PLEASE!
SELECTED ENTRY
ARCHIVES
FAVORITE BOOKS
いけちゃんとぼく
いけちゃんとぼく

西原 理恵子


非色 (角川文庫)
非色 (角川文庫)

有吉 佐和子


民子
民子

浅田 次郎


デッドエンドの思い出
デッドエンドの思い出

よしもと ばなな


アルゼンチンババア
アルゼンチンババア

よしもと ばなな,奈良 美智


落下する夕方
落下する夕方

江國 香織


鴨川ホルモー
鴨川ホルモー

万城目 学












白夜行
白夜行

東野 圭吾


流星ワゴン
流星ワゴン

重松 清




さくら
さくら

西 加奈子










PROFILE
RECENT COMMENT
LINKS
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE
OTHER