愛すべき本たちの、読書記録。
<< 向日葵の咲かない夏   道尾秀介 | main | 阪急電車   有川 浩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |
食堂かたつむり  小川糸
JUGEMテーマ:読書


  内容紹介

トルコ料理店でのアルバイトを終えて家に戻ると、部屋の中が空っぽになっていた。

突然、同棲していた恋人に何もかもを持ち去られ、
恋と同時にあまりに多くのものを失った衝撃から、主人公の倫子はさらに声をも失う。

たったひとつ手元に残ったのは、祖母から譲り受けたぬか床だけ。

山あいのふるさとに戻った倫子は、小さな小さな食堂を始める。
一日一組のお客様だけをもてなす、決まったメニューのない食堂。
次第に食堂は評判になるが――

五感をくすぐる瑞々しく繊細な描写と、力強い物語運びで話題を呼んだデビュー作。
 (アマゾンより)


ただ美味しそうなだけのお話だと思っていた。


ちょっとした物語があって、それと同時に美味しい料理の描写があって、

なんとなく幸せな気分で、食べたいなぁ〜と思うけど、ただそれだけのお話。


でも意外に、いい意味で期待を裏切られた。

物語も思ってたより練られていて楽しめたし、
ラストの母の手紙には、正直、少しジーンときたし、
生を殺して私たちが食していると事実も目の当たりにさせられた。


そして、最後に分かったことが一つ。

食は、やっぱり私たちの生活の中心なのだ。
美味しいものは、人を十分幸せにします。

美味しいもの、万歳!!

| ア行の作家 | 23:16 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | 23:16 | - | - |
COMMENT
あ、更新されてる!
密かに、たまにのぞきに来ています。

最近映画化もされて、話題の作品だよね。
映画にちょっと興味があったけど、まずは原作を読みたくなりました。



| しきな | 2010/02/02 1:12 AM |
ひやぁ〜、びっくり。
誰も見ていないと思っていたこのブログに〜!!

急になんか恥ずかしくなったりして(照)。


同じ本を何度も読んでしまうのを防ぐために、
なんとなく記録しているだけでして・・・

もう少し、しっかり書こうかな
(いや、同じだな、多分・・・)

| youko | 2010/02/02 5:05 PM |
COMMENT FORM









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
CATEGORY
CLICK PLEASE!
SELECTED ENTRY
ARCHIVES
FAVORITE BOOKS
いけちゃんとぼく
いけちゃんとぼく

西原 理恵子


非色 (角川文庫)
非色 (角川文庫)

有吉 佐和子


民子
民子

浅田 次郎


デッドエンドの思い出
デッドエンドの思い出

よしもと ばなな


アルゼンチンババア
アルゼンチンババア

よしもと ばなな,奈良 美智


落下する夕方
落下する夕方

江國 香織


鴨川ホルモー
鴨川ホルモー

万城目 学












白夜行
白夜行

東野 圭吾


流星ワゴン
流星ワゴン

重松 清




さくら
さくら

西 加奈子










PROFILE
RECENT COMMENT
LINKS
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE
OTHER